社内行事をもLIVE配信化をすることが可能

LIVE配信ですが、よく個人事業主の方が自分の会社の宣伝などをLIVE配信にて自由に閲覧可能とすることで行うという物がありますが、逆にLIVE配信されている動画に閲覧制限や参加制限をかけて配信するという方法も存在します。
いわゆる制限付きの配信という物で、この方法の利点は、ライバー側が大きな企業で、企業で働く従業員のみをピンポイントに参加者とすることができる点が利点です。

つまり、稼げるLIVE配信を行うというよりかは、自社で行っている社内行事の参加を短縮するという意味合いを込めてLIVE配信という選択肢を取ることで会社内で本来準備を行ってから開催する年中行事のようなものですら、LIVE配信化しようという考えです。

この考え方の利点は、企業側とその企業で働く人物の視点から見れば利点がある考え方で、社内行事は時間を有するうえで全員の参加が義務であると仮定した場合、どうしても参加が難しい従業員という存在に対して無理強いを強いるのかという問題が生じた場合、それを解決できるのが、LIVE配信です。
LIVE配信であれば、配信を受け取る側は言ってしまえばどのような状況下でもLIVE配信を受け取ることができ、要はネットワークにさえつながっていれば病室であろうと会社とは程遠い海外だろうと参加可能です。

つまり、絶対にその場所に集まらなくてはならないという固定概念を崩すことができるのがLIVE配信になり、社内行事への参加がまさにその場所に集まらないといけないという固定概念になるのですが、それらをLIVE配信は打ち壊すことができます。
しかも、誰でも参加することが可能であるタイプとは異なり、メンバーという制限を賭けたLIVE配信を企業側は行っているため、まったく知らない人物がLIVE配信にまぎれているということもなく、産業スパイ行為を受ける必要性すらないです。

もちろん、従来型の社内行事においては産業スパイが紛れ込むかと言われると恐らく紛れ込む可能性はないと言えますが、ゼロであるとは限らず、社員に扮して社内行事に参加したり、清掃員に扮して社内行事の様子をうかがうなど何かスタッフに変装し、会社内にまぎれて情報を引き出すという行為がないとも限りません。

ですが、これらの問題もLIVE配信という方法をとれば解決できますのでLIVE配信とは、稼げるコンテンツの一つであるという考えの他に、今行われている行事のようなものをネットワーク化することも可能であると結論付けます。